HOME > 作家略歴

楢原 北悠

銅像、胸像などの肖像彫刻には、今日の礎を築いた先人の生き方とその歴史を未来に語る役割があると考え、一体一体の銅像制作に真心を込め取組んでいます。
また、生命や自然の神秘性に対する畏敬の気持を土台にした造形制作も行っています。

作家写真

経歴

1953 北海道に生まれる
1972 創作活動を始める〈個展11回〉
1985~90 米・ニュ-ヨ-クにて現代アート・彫刻を学ぶ
1990 ブロンズ彫刻制作のため鋳物の街・高岡市に工房を設立する

主な受賞・出品展覧会と活動

1986 INTERNATIONAL ART COMPETITION NY'86〈ロスアンジェルス〉
1987 INTERNATIONAL ART COMPETITION NY'87・ゴールドメダル受賞〈ニューヨーク〉
1989 「H.NARAHARA/YAMAGUCHI展」〈ブラウンストーンギャラリー・ニューヨーク 〉
1989 第3回日本現代具象彫刻展〈千葉県立美術館〉
1990 第4回日本現代具象彫刻展〈千葉県立美術館〉
1990 「有機物質W」ーインスタレーションin広尾町ー
1991 ヨコハマビエンナーレ'91〈横浜美術館〉
第14回現代日本彫刻展〈宇部市常磐野外彫刻美術館・山口〉
第3回ロダン大賞展〈箱根彫刻の森美術館〉
1992 フジサンケイビエンナーレ現代国際彫刻展〈箱根彫刻の森美術館〉
1993 第22回現代日本美術展〈東京都美術館/京都市立美術館/山口県立美術館 巡回〉
第1回大分アジア彫刻展〈朝倉文夫記念文化ホール・大分〉
1994 新潟市野外彫刻大賞ー野外彫刻のためのマケット100展ー〈新潟市立美術館〉
1994~98 創々展〈高岡市美術館ギャラリー〉
1996 ヨコハマビエンナーレ'96・入賞〈横浜美術館「美術の広場」〉
1997 BBT富山テレビ放送・スーパータイムマンスリーアート
1997 第3回大分アジア彫刻展・優秀賞受賞〈朝倉文夫記念公園・大分〉
1999 「共振」ー金属によるインスタレーションー〈第4回坂のまちアートinやつお〉
2000 金子隆亮・楢原北悠・松原 賢 展〈MILESTONE ART WORKS・富山〉
楢原北悠展「素材:金属」〈G-WING'Sギャラリー・金沢〉
2002 パブリックアート高岡・制作チーム「伝えの扉」制作〈高岡市・御旅屋町ポケットパーク〉
地域を繋ぐ特別展「素材と造形」〈国立高岡短期大学〉
2003 「カオス(渾沌)から創世へのプロムナード」 ー音楽とアートのコラボレーションー
〈古城の森コンサート 「須川展也とすてきな仲間たち」アート担当・高岡市民会館〉
「パブリックアートまちづくりフォーラムinたかおか」パネリスト参加
高岡市・米国フォートウエン市姉妹都市25周年記念贈呈作品「ペガサス」制作
越中人譚「郷土の先覚者との対話」展・肖像彫刻50作展示〈富山県立図書館〉
2004 越中人譚「グランドデザインを描いた郷土の先覚者たち」展・肖像彫刻50作展示
〈富山県立デザインセンター〉
「貌」ー楢原北悠肖像彫刻の世界〈ギャルリーラコンテ・福井〉
2005 楢原北悠展〈石川国際交流サロン・金沢〉
2006 神通峡美術展・トリエンナーレ2006年/委嘱作家〈富山市大沢野〉
第10回 日・韓・中 墨の文化交流展/招待出品〈札幌市民ギャラリー〉
2007 第1回 ART IN 菅野家〈国指定重要文化財・高岡市〉
2010 越中人譚「富山を築いた偉人220人」展ー肖像彫刻56作展示〈富山県民会館美術館〉
「共振」−part2−〈第15回坂のまちアートinやつお〉
2011 楢原北悠肖像彫刻展「郷土北陸の先覚者たち」〈石川国際交流サロン・金沢〉
十勝の美術クロニクルー開館20周年記念ー〈北海道帯広美術館〉
楢原北悠肖像彫刻展 「郷土富山の表現者たち」〈第16回坂のまちアートinやつお〉
2012 「共振」−part3−〈第17回坂のまちアートinやつお〉
2013 「共振」−part4−〈第18回坂のまちアートinやつお〉
2016 楢原北悠マケット展 -人々に親しまれるブロンズ彫刻-〈石川国際交流サロン・金沢〉
設置作品

NARAHARA BRONZE ART INC
〒933-0917 富山県高岡市京町7-19 TEL:0766-26-8795  FAX:0766-26-8580

Copyright(c) 2009 Narahara Bronze Sculpture. All rights reserved.