HOME > 工房通信

北海道立帯広美術館「十勝の美術クロニクル」展

11.08.14
北海道立帯広美術館「十勝の美術クロニクル」展 北海道立帯広美術館「十勝の美術クロニクル」展

北海道立帯広美術館が開館20周年を記念した展覧会「十勝の美術クロニクル」を催し、作品を出品しているので観覧に訪れました。
明治期から現代まで十勝で活躍をした美術家の作品を展示してその歴史を語る企画で、私の作品は1980年代の北海道で活動していた頃の平面作品2点です。
神田日勝、寺島春雄、など尊敬する先輩方と一同に作品を展示していただき大変光栄でした。


北海道大学「鈴木章博士レリーフ像」の設置作業

11.08.11
北海道大学「鈴木章博士レリーフ像」の設置作業 北海道大学「鈴木章博士レリーフ像」の設置作業

北海道大学に鈴木章博士のレリーフ像を運び、設置作業を行いました。
ノーベル賞を受賞された鈴木先生のレリーフ像を、化学部門の学生が学ぶ校舎内に設置して、先輩を見習ってもらいたいと、教授陣からのご依頼で制作をさせていただきました。
このレリーフ像が、次の世代を担う学生達に鈴木先生の志を継承する役割を果たせる事を、大変うれしく思います。

武士座像の制作ー2

11.08.09
武士座像の制作ー2

ロストワックス鋳造の流れ

(1)鋳型の作成。中子を組み込んだロウ原型にスラリーの   層を数日かけて強固に重ね乾燥。
(2)炉に入れ脱鑞し、溶解したブロンズを鋳込む。
(3)鋳型を割出して中子と表面の砂を落とす。
(4)中子の固定箇所を溶接でふさぐ。
(5)修正箇所を彫金で仕上げる。

ここまでの工程で武士座像ブロンズ生地5点が仕上がりました。

武士座像の制作ー1

11.07.22
武士座像の制作ー1

武士座像を5体ブロンズ制作するご依頼をいただき、ロストワックス鋳造法で制作しています。
原型からシリコンゴム型を作成し、中子組み込みワックスを流してワックス原型を制作。
ワックス原型の修正箇所を念入りに仕上げています。

<<前へ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

NARAHARA BRONZE ART INC
〒933-0917 富山県高岡市京町7-19 TEL:0766-26-8795  FAX:0766-26-8580

Copyright(c) 2009 Narahara Bronze Sculpture. All rights reserved.